結果発表

たくさんのご応募ありがとうございました。
審査結果を発表いたします。

グランプリ

グランプリ

No.040

20年ぶりの再会

作品コメント

お互い小値賀に住んでるのに、20年ぶりに再会! 喜び手を取り合って話し込むおばあちゃん。

東彼杵からの講評

君の名は。のようなドラマチックさと島の優しく穏やかな様子を感じれる写真だと思いました。手を取り合って喜ぶ姿が私たちも嬉しくなれる写真です。また、今回の「またコンね」のように「また会おうね」という優しい言葉も聞こえてきそうとも思えました。

準グランプリ

準グランプリ

No.233

今どきのおしゃれカフェ? この雰囲気にはかないません。

作品コメント

民泊で小値賀島におじゃました時、島に着いてから時間があったので、島内をぶらぶら。ふいに、本当にふいに入った喫茶店。この、オーナーと店の雰囲気、東京のおしゃれカフェが束になってもかわないな、って思った。

東彼杵からの講評

この写真だけで小値賀に行きたくなると思えた写真。写真の構図も当時の雰囲気を捉えていて、ふいに訪れた喫茶店がこんな素敵な場所だったらとか。また行ってみたいな。なんて思えるよき旅を連想させてもらえて。都会にはない哀愁漂う写真に惹かれます。まさにまたコンね!

people「ひと」賞

ひと賞

No.134

じいちゃんと一緒に

作品コメント

じいちゃんとふたりではじめてのおさんぽからかえってきたところです。

activity「こと」賞

こと賞

No.217

風になる

作品コメント

木漏れ日の中を自転車で駆け抜けた時の一枚。小値賀で一番好きな道です。

goods「もの」賞

もの賞

No.336

人と人と人

作品コメント

ソーシャルディスタンスもない時期です。あいさい市場で島のお母さん達とお喋りしている途中の1枚です。小値賀の1番の魅力 人 島の人達の素朴さと 優しさ 温かさ 懐っこさ。古き良き日本の風景 人の温度が感じられる小値賀が大好きな理由の1つです。

foods「みせ」賞

みせ賞

No.071

夫婦になった初めての日ご馳走

作品コメント

野崎島で挙式をし、戻ってきて平六さんでのお寿司。妙な格好で入ってきた新米夫婦を、大先輩のご夫婦がおもてなしくださいました。

審査方法について

投票数に加え、小値賀、東彼杵それぞれの10名の皆様に審査員になっていただき、審査員票数を加算して審査を行っております。エントリー、投票可能期間を同期間とした都合上、投票数だけでは審査しておりませんのでご了承ください。また、同一の方による常識の範囲を超える多量の投票に関しましては、票数を精査させていただきました

受賞者へのご連絡、賞品の発送について

受賞・当選者の方へは、ご入力いただいた情報に基づいて事務局よりご連絡をさせていただきます。なお、「投票してくれた方へ ありがとう賞」につきましては、賞品の発送をもって発表に代えさせていただきます。

応募作品

写真をクリックすると、
作品の閲覧が可能です。

  • No.001
  • No.002
  • No.003
  • No.004
  • No.005
  • No.006
  • No.007
  • No.011
  • No.012
  • No.013
  • No.014
  • No.015
  • No.016
  • No.017
  • No.018
  • No.019
  • No.020
  • No.021
  • No.022
  • No.023